2015年03月08日

コンデンサ交換しました

wadia6というCDPを使ってるのですが
去年秋位にCDを認識しなくなってしまいまして
…また壊れてしまったのかと…
(2004年位に一回壊れて代理店修理して貰ってたのですが…)
落胆しつつとりあえず中を確認してみるかと、ケースを開けてみたら…。
ドライブの昇降用のゴムが劣化してたみたいで
ヒイヒイ言いながらこれを交換…(Eリング固定とか面倒な作りでした…)

2015_03_003.jpg

ゴムベルトの交換だけでとりあえずまた動くようになったのですが
DAC基板側を眺めてたらコンデンサーが変形してるを見つけてしまいまして…
最初、これは見なかったことにしようと思ったのですが…(オィ…(´д`;)
このまま使ってまた壊れるのも嫌なので
自分の出来る範囲でオーバーホール致しました…。

2015_03_002.jpg

とりあえずDAC基板側から交換しました
ここで一旦音出るのか確認しまして音が出てホッとしました
一部交換しにくい場所のコンデンサーはまた交換するのが
面倒なので5000時間の長寿命105℃コンデンサにしました…

2015_03_004.jpg

サーボ基板側も色々交換
なんかブリッジダイオードが接着剤?みたいなので汚くなってたので
除去してダイオードも交換したり…。
電源レギュレーターを容量に余裕のあるものに変えたり
こちらの基板はコンデサを105℃オーディオ品KAに交換しました
なんか無駄に贅沢(苦笑
あと全基盤半田増しして基盤も綺麗にクリーニングしました。

2015_03_001.jpg

表示窓が外れやすいみたいなので
一回外してコンパウンドでピカピカに磨き直して
(写真ではわかり辛いですが無駄に磨きました(苦笑)
強力接着剤で再接着しました。

ピックアップの交換は値段高すぎて断念…
まだ使えると信じてるッ
2004年にメーカー修理で交換したじゃないッ
でも少し怪しい挙動する時があるので若干心配…。

一応、自分の出来る範囲でメンテといった感じです。
オシロとかカウンターとか持ってないので
細かい所はなにも出来ませんでした。

そろそろオシロスコープが欲しいかもと思い始めてたりしますが…
これが本業じゃないですし…(笑
頻繁に電子工作してるわけでもないので
かかる値段や使用頻度など色々考えると…
尻込みしております。

休み休み作業やって全部終わるのに4ヶ月位かかりましたが…
とりあえず無事音が出てホッとしております。
コンデンサ交換するとこんなに音が蘇るのですね
ビックリ…
posted by kazuma at 02:48| Comment(0) | 日記

ケースに入れてみました

いつの頃の雑誌だったか忘れてしまいましたが…(オィ
雑誌付録のデジタルアンプを去年のお盆休み位に
ケース加工して入れてみました。

20140905_001.jpg

ケースに入れようと思ったきっかけは
秋月さんであのWBTのスピーカーターミナルがお安く購入出来るので
見た目カッコよく出来るかもと(苦笑
20140905_002.jpg

色々なスピーカケーブルを使えるようになりました…。
結構クリアランスがギリギリで収めてあるので穴あけ加工で大変でした…。

そう言えばこのスピーカターミナル…ケーブル固定用のイモネジが付いてません
マニュアルにはM4サイズネジと書いてあるのですが
そのサイズのネジが入りません(笑
無理やり回せば入りそうですが…
ネットで色々調べるとネジの目には細目と並目があるみたいで
細目なのですかね…
(細目のM4なんて中々売ってないし試してないのでわからず…)
そんなわけで半田で付けてしまいました…(苦笑

20140905_003.jpg

こんな感じで新潟精密のDACとセットでコンパクトにまとまりました〜。

音質は…まあ…雑誌の付録ですし…といった感じです。
改造しようかなと思ったのですが…
結局面倒臭くなって無改造で使っております(苦笑。
posted by kazuma at 01:33| Comment(0) | 日記

2014年09月15日

ちょっと前に工作してました

ちょっと前になりますが…

p2d_001.jpg

ヒロ氏とエレクトロアート氏の双方の基板に対応してる
HDMI送受信機なる基板をyana氏が頒布されてたのでこれを使って色々いじっておりました

p2d_003.jpg

受信機側をまずテストしてみたり…

p2d_004.jpg

送信機側もテストしてみたり

p2d_005.jpg

送受信両方問題なかったので
P2D基板でDSDのDDコンバータを作ってみました。
電源とかも内包したかったですが手持ちのケースがこれしかなかったので
電源は外部電源に致しました(苦笑
なんかえらくスペース空いてしまいましたが…w

p2d_006.jpg

例の如く金属の穴あけ作業は苦手です。特に…
…四角い穴嫌い…

写真には撮ってませんが
DAC側にもHDMIの四角い穴をあけました…大変な作業でした…。

p2d_007.jpg

今回はロータリースイッチを使って前面パネルで入力切替を出来るように致しました
やっぱり前面パネルで操作できるのは便利(今頃気が付いたのか…)

p2d_008.jpg

完成して接続はこんな感じですCDPとかND-S1とかは問題ないのですが
foobar2000でDSD再生時、曲の頭が欠けると言うか間に合わない症状は
私だけなのだろうか…方々ググりましたが解決法が見つからない…
海外のDACだと似たような症状が出る機器もあるみたいですが…

たぶんPCMとDSDの切り替えが間に合ってない?のかも…
私の知識量では憶測しか立てられない訳ですが…
とりあえず私が考え付いた解決法は
無音1~2秒位のDSDファイルを作ってプレイリストの先頭に置けば良いのですが…
なんか嫌…(笑

一度再生が始まれば特に問題はないのですが…どうしたものか…

最近はやっぱPCM最高だぜ…って感じでPCMばかりを聴いております(オィ…(´д`;)
posted by kazuma at 19:34| Comment(0) | 日記